2019.08.22 08:34

室戸市の廃校水族館25万人 香川の一家に新米25万粒

25万人目の来館者となった熊本竜士さんの家族ら(室戸市のむろと廃校水族館)
25万人目の来館者となった熊本竜士さんの家族ら(室戸市のむろと廃校水族館)
 高知県室戸市室戸岬町のむろと廃校水族館の来館者が21日、25万人を突破し、節目の家族客に記念品が贈られた。

 旧椎名小学校を改修した施設で、NPO法人「日本ウミガメ協議会」が運営。昨年4月下旬にオープンすると、地元漁師らの協力で集められたウミガメやサバなどが校舎内外の水槽を泳ぐユニークな展示が人気を呼び、1年目には17万6千人が来館した。

 10連休のゴールデンウイーク中、5月5日に節目の20万人を突破したが、この時は「忙しすぎてセレモニーどころじゃなかった」(むろと廃校水族館職員)という。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学室戸


ページトップへ