2019.08.22 08:35

聖火ランナーまだOK 高知県実行委が8/31まで公募

イラスト・宮川優希
イラスト・宮川優希
定員35人に現在699人
 東京オリンピックの聖火リレー高知県実行委員会が行っている聖火ランナーの公募に、21日午後5時現在で定員35人に対して699人の応募が寄せられている。現時点での倍率は19・9倍。応募の締め切りは31日までで、実行委は「先着順ではないので、より多くの人に応募してもらいたい」と呼び掛けている。

 県内の聖火リレーは来年4月20、21日に19市町村を巡る。一人あたりの走行距離は約200メートルで、走る速さの規定はない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 東京五輪スポーツスポーツ


ページトップへ