2019.08.21 08:32

馬路村で「子ども民生委員」始動 高齢者見守り、お手伝いも

「子ども民生委員」として高齢者の家を訪れた馬路小児童(馬路村馬路)
「子ども民生委員」として高齢者の家を訪れた馬路小児童(馬路村馬路)
 高知県安芸郡馬路村で、小学生が高齢者の見守り活動に参加し、交流を深める「子ども民生委員」の取り組みが始まった。馬路村社会福祉協議会が、子どものころから地域に関わりを持ってもらおうと導入。世代間をつなぐユニークな試みとして注目を集めそうだ。
 
 子ども民生委員は、土佐清水市の児童も授業で取り組んでいる。馬路村は子ども主体の課外活動が特徴。登下校時に声掛けしたり、高齢者宅を訪問して体を気遣ったりする。状況に応じてごみ出しや家周辺の掃除、買い物袋を運ぶ―といった手助けも。お年寄りらの様子を社協や役場に報告する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース安芸


ページトップへ