2019.08.20 14:35

高知県須崎市の86歳が熱中症で死亡 自宅庭で草刈り中倒れ

 高知県須崎市の86歳の男性が17日に熱中症で死亡していたことが20日、分かった。高幡消防組合消防本部によると、男性は17日午前9時ごろから自宅庭で草刈りをし、昼すぎに家族が倒れているのを発見。救急隊が駆けつけたが、その場で死亡が確認されたという。

 17日は晴れで、須崎市の気温は午前10時に30度を超えていた。県によると、熱中症による死者は今年初めて。

カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ