2019.08.18 08:00

小社会 曲がり角

 40年以上前、劇作家の井上ひさしさんが夏の甲子園球場を訪れ、高校野球大会初日の観戦記を書いている。タッチは軽妙。「朝日新聞とNHKが手を握り合うと、日本中が高校野球一色になってしまうんだから危険だねえ」。

 と言いながら、実は高校野球に魅了された一人だったらしい。選手の活躍や劇的な場面に時を止められ、その年を思い出す時の索引になるとさえ書く。「この大会は新手の『お盆』の役目を果たしているのかもしれない」。

 そんな国民的行事も曲がり角にきているようだ。岩手大会決勝で剛腕エースが出場を回避した騒動もあって、選手の健康管理や投手の故障防止の議論が高まる。スポーツ庁の鈴木大地長官は球数制限、過密な試合日程、登板間隔を総合的に考えて見直すよう注文する。

 疲れを知らぬかのようにエースが連投し、極限で奇跡を生み出すドラマは美談のように語られてきた。ただし、甲子園を沸かせた松坂大輔投手やダルビッシュ有投手らがその後、肘にメスを入れたことも忘れてはなるまい。

 昨夏、旋風を巻き起こした金足農の吉田輝星(こうせい)投手は地方大会から1500球以上を投げ続けたという。甲子園の決勝では疲労困憊(こんぱい)だった。選手が豊富ではない学校も不利にならないよう、まずは過密日程の再考を願いたい。

 前身の第1回全国中等学校優勝野球大会が開幕したのは104年前のきょう18日。より良い歴史を紡げる議論を。


8月18日のこよみ。
旧暦の7月18日に当たります。 ひのと ゐ 七赤 赤口。
日の出は5時30分、日の入りは18時50分。
月の出は20時34分、月の入りは7時34分、月齢は17.0です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時16分、潮位80センチと、13時33分、潮位39センチです。
満潮は7時05分、潮位189センチと、19時58分、潮位187センチです。

8月19日のこよみ。
旧暦の7月19日に当たります。つちのえ ね 六白 先勝。
日の出は5時30分、日の入りは18時48分。
月の出は21時03分、月の入りは8時28分、月齢は18.0です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時48分、潮位76センチと、14時00分、潮位48センチです。
満潮は7時39分、潮位185センチと、20時23分、潮位185センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ