2019.08.16 08:34

台風10号で安芸市の県道陥没 高知市では巨大看板落下

崩落した伊尾木川沿いの県道大久保伊尾木線(15日午後5時50分ごろ、安芸市大井乙)
崩落した伊尾木川沿いの県道大久保伊尾木線(15日午後5時50分ごろ、安芸市大井乙)
 高知県西部の沖合を15日朝から午後にかけて北上した台風10号の影響で、県内では強風にあおられて看板が落下したり、道路が陥没したりするなどの被害があった。県災害対策本部によると、人的被害は確認されていない。
 
強風を受けて落下した看板(15日午後1時50分ごろ、高知市高須新町4丁目)
強風を受けて落下した看板(15日午後1時50分ごろ、高知市高須新町4丁目)
 同日午前5時ごろ、高知市高須新町4丁目のインターネットカフェで、高さ7メートルの柱の上に設置していた同店の看板(縦約5メートル、横約3・6メートル)が隣接する建物の駐車場に落下しているのを従業員が見つけた。強風を受けて落下したとみられる。けが人や車両の被害などはなかった。
 
 安芸市大井乙では伊尾木川沿いの県道大久保伊尾木線が幅4メートル、長さ8メートルにわたって崩落。全面通行止めとなっている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸高知中央


ページトップへ