2019.08.16 08:00

小社会 台風的性格

 台風が日本に接近するのは、おおむね8~9月。季節性があるとはいえ、洋上でいつ発生するか分からない突発性もある。暴風や洪水など災害を伴う半面、水の恵みももたらしてくれる。

 そんな台風の「二重性格」から国民性を分析したのは哲学者、和辻哲郎。日本人は台風のような猛烈さで突発的に燃えあがるが、感情の嵐が過ぎ去った後は突如あきらめが訪れる。〈俄然(がぜん)として忍従に転ずること…思い切りのよいこと、淡泊に忘れることは、日本人が美徳としたところ〉と名著「風土」にある。

 淡泊に忘れていたわけではないが、台風10号の接近にはいつにも増して緊張した。豊後水道を北上し、本県は風雨が強まる台風の右側に入った。日本海へ遠ざかったものの、県東部を中心に相当な雨が降っている。土砂崩れなどへの警戒をまだ緩めることはできない。

 観測や予報技術の向上で台風は全て解明されている―。そう思っている人もいるかもしれない。しかし気圧や風速はほとんどの場合、気象庁の推定。台風はどのように発生するか。どうして急激に発達するのか。分からないこと、議論の尽きないテーマは少なくない。

 お盆のUターンラッシュを直撃した10号。JR各社は事前に計画運休を決めて周知した。需要のピークに運休するのは初めてという。

 何が最善の対策か。台風への対処の仕方も問われ続けよう。慣れ、あきらめ、淡泊は厳禁である。


8月16日のこよみ。
旧暦の7月16日に当たります。きのと とり 九紫 仏滅。
日の出は5時28分、日の入りは18時52分。
月の出は19時33分、月の入りは5時45分、月齢は15.0です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時17分、潮位89センチと、12時36分、潮位30センチです。
満潮は5時58分、潮位190センチと、19時09分、潮位188センチです。
 
8月17日のこよみ。
旧暦の7月17日に当たります。ひのえ いぬ 八白 大安。
日の出は5時29分、日の入りは18時51分。
月の出は20時05分、月の入りは6時40分、月齢は16.0です。
潮は大潮で、干潮は高知港標準で0時46分、潮位84センチと、13時05分、潮位33センチです。
満潮は6時32分、潮位191センチと、19時34分、潮位188センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ