2019.08.15 14:37

台風10号、高知県内で停電1.4万戸 信号停止や建物一部損壊

台風の影響で倒壊した倉庫にふさがれた県道(15日午前10時半ごろ、越知町黒瀬)
台風の影響で倒壊した倉庫にふさがれた県道(15日午前10時半ごろ、越知町黒瀬)
信号が停電し、交差点で交通整理する警察官(15日午前7時50分ごろ、高知市北高見町)
信号が停電し、交差点で交通整理する警察官(15日午前7時50分ごろ、高知市北高見町)
 高知県西部の沖合をのろのろと北上した台風10号の影響で、県内は14日深夜から15日午前にかけて風雨が強まった。15日正午時点でけが人など人的被害の情報はないものの、強風にあおられた倉庫が倒れて道路をふさいだり、建物の外壁が崩れたりする被害が発生。停電も相次ぎ、高知市などで一部の信号機が点灯しなくなり、警察官が交通誘導などの対応に追われた。

【台風情報はこちら】
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会環境・科学主要


ページトップへ