2019.08.15 08:35

室戸初の子ども食堂 市中心部でコミュニティー 毎月開催へ

「室戸えがお食堂」で食事を楽しむ参加者(室戸市保健福祉センター)
「室戸えがお食堂」で食事を楽しむ参加者(室戸市保健福祉センター)

 室戸市初の子ども食堂「室戸えがお食堂」がこのほど、同市領家の市保健福祉センターで始まった。月1回の開催予定で、関係者は「誰もが気兼ねなくいられる場所にしたい」と意気込んでいる。

 市の教育委員を務める多田明美さん(63)=同市室津=が、「羽根や吉良川、佐喜浜などは子どもの地域活動が盛んなのに、児童数が一番多い室津・浮津地区は少ない」と、市中心部のコミュニティーづくりを目指して企画。住民有志で実行委員会を立ち上げ、準備を進めてきた。県の助成や市民らの寄付、寄贈を受けて実施する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 医療・健康ニュース室戸


ページトップへ