2019.08.14 08:38

「今度の台風なめられん」 高知県内は台風コースに警戒感

台風に備えロープでつながれた漁船(13日午前、土佐清水市浦尻の清水港)
台風に備えロープでつながれた漁船(13日午前、土佐清水市浦尻の清水港)
 大型の台風10号が不気味に北上を続ける。その予想進路は、高知県で大きな被害が出た1975(昭和50)年の台風5号などと同じように豊後水道を通る。13日、高知地方気象台は異例の気象台長コメントを発表して注意を呼び掛け、かつての台風被害を知る世代からは「今回の台風は怖い」と不安の声が聞かれた。
 
 台風は進路右側で風雨が強まるため、豊後水道の辺りを進む台風で本県は影響が大きくなる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会環境・科学


ページトップへ