2019.08.13 17:40

台風10号に厳重警戒を 高知地方気象台長がメッセージ

 西日本の南海上を北上している超大型の台風10号について、高知地方気象台長は13日午後、高知県民に警戒を呼び掛けるメッセージを発表した。以下全文。

 ▽今回の台風10号は、高知県にとって過去に大きな災害をもたらした、予想進路となっています。

 ▽台風の最接近する15日朝からは猛烈な雨となるおそれがあり、土砂災害や浸水害などに極めて危険な状態となる地域が出現する見込みです。

 ▽台風の動きが遅く、総雨量も1000ミリを超えるため、極めて危険な状態となる地域が拡大していく可能性が大きい見込みです。

 ▽14日夜には暴風となり、外に出るのが危険な状態となるため、地元市町村の避難情報に従い、14日の明るいうちに早め早めの安全確保をお願いします。

 ▽土砂災害、浸水害、洪水害、暴風、高波、高潮に厳重に警戒してください。

【台風情報はこちら】

■関連記事■
「今度の台風なめられん」 高知県内は台風コースに警戒感

台風あす8/15本県上陸も 気象台「早めの安全確保を」

カテゴリー: 主要社会


ページトップへ