2019.08.13 08:35

明徳、きょう8/13智弁和歌山戦 馬淵監督かく戦う 序盤無失点で流れを

「相手が経験してない競り合いに持ち込みたい」ともくろむ馬淵監督(久保俊典撮影)
「相手が経験してない競り合いに持ち込みたい」ともくろむ馬淵監督(久保俊典撮影)
 明徳義塾はきょうの第3試合、ベスト16進出を懸けて、智弁和歌山と戦う。センバツ8強で投打ともレベルの高い優勝候補相手にどう戦うのか、馬淵監督に聞いた。(以下談) 
 
 投打とも強力な対戦相手だ。打線は上位から下位まで気が抜けないし、投手陣もエースの池田陽、2年の小林とも力がある。ほとんどの人が、智弁和歌山有利とみるだろうが、それは間違いないだろう。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ