2019.08.12 08:25

投打高水準の優勝候補 明徳次回対戦の智弁和歌山

1回戦の米子東戦に先発し、8回1失点の好投だった智弁和歌山のエース池田陽(8日、甲子園=久保俊典撮影)
1回戦の米子東戦に先発し、8回1失点の好投だった智弁和歌山のエース池田陽(8日、甲子園=久保俊典撮影)
東妻ら3人 5季連続甲子園
 明徳義塾が2回戦で対戦する智弁和歌山は投打とも高いレベルで、地区大会を危なげなく制した。米子東(鳥取)との1回戦も中盤まで競り合ったが、後半に突き放し、8―1で快勝した。名実ともに今大会の優勝候補の一角だ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ