2019.08.09 14:38

祭り始まる!「土佐学生よさこい」初開催 若さ、演舞ではじける

 大学生チームが鳴子踊りを披露する「土佐学生よさこい大会」が9日、高知城ステージでパワフルに繰り広げられた。高知県内の大学生でつくる実行委員会が主催。よさこい祭りの前夜祭より一足先に県内外10チーム、約770人が熱い演舞をお披露目した。
大学生が威勢よく演舞した「土佐学生よさこい大会」(9日正午すぎ、高知城追手門そばの特設ステージ=石丸静香撮影)
大学生が威勢よく演舞した「土佐学生よさこい大会」(9日正午すぎ、高知城追手門そばの特設ステージ=石丸静香撮影)
 
 東京、京都、香川、高知から参加した大学生による6チーム約560人をはじめ、帯屋町筋ジュニア隊など県内3組と日米合同チームが参加。追手門そばの特設ステージを見物客が見詰めた。
 
 「舞い踊れ、よっしゃー!」のかけ声で、「高知学生チーム旅鯨人」が先陣を切った。学生たちはさわやかな音楽に合わせて力強く踊り、観客から拍手が飛んだ。
 
 「香川大学よさこい連“風華”」も負けじと演舞。汗だくで踊り終えた香川大3年、細川雄哉さん(20)は「みんなで踊れて楽しかった。他チームの踊りを見て刺激も受けたい」と声を弾ませた。
 
 大学生チームがよさこい鳴子踊りを披露し、大学生の手で運営する大会や祭りは全国各地で開かれている。高知市のよさこい祭りでは初開催。高知大や高知県立大の学生7人が実行委員会として準備を進めてきた。(河本真澄)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会よさこい祭り主要文化高知中央


ページトップへ