2019.08.09 08:27

【大分合同新聞】藤蔭の竹下監督「伝統校の力痛感」

 【大分合同新聞=甲子園臨時支局】26歳の大会最年少監督として甲子園に臨んだ藤蔭の竹下大雅監督。迎えた初戦は培った攻めの姿勢を貫いた。
応援団にあいさつを済ませベンチに引き揚げる藤蔭ナイン
応援団にあいさつを済ませベンチに引き揚げる藤蔭ナイン

 勝負に敗れ「こちらがやりたい野球を先に相手にやられてしまった。伝統校の力を随所に感じた」と、淡々と敗戦の弁を述べながらも鬼の形相。悔しい惜敗を物語っていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ