2019.08.09 08:39

「明徳史上最弱」なにくそ 甲子園初戦の強さ健在

勝利に沸く明徳義塾高のアルプススタンド(8日午後、甲子園球場)
勝利に沸く明徳義塾高のアルプススタンド(8日午後、甲子園球場)
 甲子園球場で8日に行われた第101回全国高校野球選手権大会の1回戦で、高知県代表の明徳義塾高は藤蔭高(大分県代表)に6―4で競り勝った。終盤、ひやりとする展開だったが、“初戦に強い明徳”は健在。しぶとく勝ち切る展開に、アルプスは「ようやったー」「さすが勝負強い」と歓声が爆発した。
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ