2019.08.08 14:37

明徳義塾が甲子園初戦突破 藤蔭(大分)に6―4

【明徳義塾―藤蔭】4回表明徳義塾1死一塁、奥野が右中間に先制三塁打を放つ。投手小宮(甲子園)
【明徳義塾―藤蔭】4回表明徳義塾1死一塁、奥野が右中間に先制三塁打を放つ。投手小宮(甲子園)
 第101回全国高校野球選手権大会第3日は8日、甲子園球場で1回戦を行い、高知県代表の明徳義塾は6―4で藤蔭(大分)を振り切り、2年ぶりの初戦突破を果たした。
 
 序盤は0―0の投手戦。明徳は四回、死球の安田を一塁に置いて、奥野の右越え三塁打で先制。今釘の左前打で2点目を挙げた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ