2019.08.08 08:35

指物でよさこい地方車 技術継承へ大工が指導し高知工生も

大工の地方車造りを手伝う中岡秀斗さん(右)=高知市春野町
大工の地方車造りを手伝う中岡秀斗さん(右)=高知市春野町
 よさこい祭りの地方車造りの現場で高校生が“修業”している。18カ国・地域の90人が集う「高知県よさこいアンバサダー絆国際チーム」の地方車は、くぎを使わない「指物」の技などで彩られていく。高知県南国市の大工たちの仕事を間近に感じながら、土佐の匠(たくみ)の技を学んでいる。 

 製作チームは、溝渕加寿彦さん(43)=南国市=ら大工仲間4人。昨夏、高知県建設労働組合青年部として「桜舞ポーランド国際チーム」の地方車を手掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ