2019.08.08 08:25

色彩水族館 ヤマトカマス

 カマス科の魚はヤマトカマスのほか、アカカマス、オニカマス、アオカマスがあり、いずれもうまい。塩焼き、塩乾品、すしなどにする。いずれも近海にすみ運動が敏活で、すごく貪食性である。体は円筒状で細長い。ヤマトカマスは小さい円鱗に覆われ全長(最大で)60センチ。西インド諸島方面の一種は2メートルほどに達するものも。
 
蒲原稔治・高知大学名誉教授著
「標準原色図鑑全集(4)」
(1966年、保育社)など

関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ高知の釣りスポーツ


ページトップへ