2019.08.07 08:33

韓国高校生と友好誓う 四万十町の津賀ダム慰霊碑建立10年

慰霊碑の前で「アリラン」を歌いながら踊る韓国の高校生(四万十町下道)
慰霊碑の前で「アリラン」を歌いながら踊る韓国の高校生(四万十町下道)
日韓関係悪化中に来高「意義ある行事」
 第2次世界大戦中に高知県高岡郡四万十町下道(しもどう)の津賀ダム工事中に命を落とした朝鮮人労働者を慰霊する平和祈念碑が建てられ、今年で10年を迎えた。このほど下道地区にある碑の前で慰霊祭が行われ、韓国の高校生や地元住民ら約60人が平和と友好を誓った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高幡


ページトップへ