2019.08.06 08:33

バーレーン医大生が高知大に留学 初の受け入れ

腹腔鏡手術を練習する留学生(5日午後、南国市の高知大学医学部)
腹腔鏡手術を練習する留学生(5日午後、南国市の高知大学医学部)
 中東バーレーンのバーレーン医科大学と学術交流協定を結ぶ高知大学が、同医科大学の学生2人を短期留学生として初めて受け入れている。最新の医療機器による手術などを学ぶ2人は「プロフェッショナルな姿勢や患者への親切心、レベルの高い技術を持ち帰りたい」と意欲的だ。
 
 バーレーン医大と高知大は2013年に協定を締結。特殊な光でがんを見つける「光線力学診断」に関し、医師同士が交流したり合同でシンポジウムを開いたりしてきた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース香長


ページトップへ