2019.08.05 08:32

高知・明徳義塾が入念に攻め調整 夏の甲子園8/6開幕

内村コーチ=左端=の指示でリードの仕方などを入念に調整する明徳ナイン。左から安田、鈴木、小泉、奥野(西宮市の津門球場=久保俊典撮影)
内村コーチ=左端=の指示でリードの仕方などを入念に調整する明徳ナイン。左から安田、鈴木、小泉、奥野(西宮市の津門球場=久保俊典撮影)
 令和で初めての甲子園大会となる第101回全国高校野球選手権大会は、49代表校が参加して6日に甲子園球場で開幕し、16日間(準々決勝と準決勝翌日の休養日を含む)の熱戦が始まる。5日は午前9時から開会式のリハーサルが行われ、入場行進や選手宣誓の練習を実施する。
 
 甲子園の高知明徳義塾ナインは4日、西宮市の津門球場で割り当て練習を行い、シート打撃などで入念に攻撃の形をチェックした。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ