2019.08.02 14:38

高知にもタピオカブーム到来 お酒やパンケーキに… 新店オープンも


全国的にブームを巻き起こしている「タピオカ」が、高知でも人気を博している。台湾発祥のタピオカティーは、2000年代に人気が高まり、昨年夏からブームが再燃。もちもちとした食感と、SNS映えするビジュアルも人気の理由だ。

高知では、イオンモール高知内の「Tea Way」、帯屋町アーケード内の「台湾甜商店」に続き、8月1日(木)にオーテピアの東向かいに「Bobady Tokyo」がオープン。


県内3店舗目のタピオカ専門店となり、開店前から約30人の客が行列をつくった。通りすがりのご婦人達たちからは「若いお姉さんがいっぱいおるねえ。目にええわ」「タピオカかえ、人気やねえ」との声も。オープン初日は約350人の客が来店したという。

30度をこえる暑さのなか行列が
30度をこえる暑さのなか行列が

「Bobady Tokyo」が出店しているのは、現在高知だけ。東京と同時オープンを予定していたため店名に「Tokyo」をつけたが、物件の条件が合わず高知で先にオープンする形になった。東京での出店も順次進めたいと話している。

菊水酒造(高知県安芸市)は、タピオカ入りのお酒を発売し「今までにないくらいの反響」を呼んでいる。3年前からマンナンタピオカを使ったお酒を企画していたという同社。ブームの波を感じ、今年3月に、カフェオレ味といちごオレ味の2種類を販売開始。

高知市内のスーパーにて撮影
高知市内のスーパーにて撮影

全国からバイヤーが集まる展示会に出品すると、直後から注文が殺到。現在まで右肩上がりで注文が相次いでいる状態だという。全国のスーパーや雑貨店などで販売され、SNSでも「神ドリンク」「タピオカブームがお酒にまで…」と注目を集めている。

担当者は「ここまで反応が大きいとは思っていなかった」と喜びの声をあげている。県内ではサニーマートなどのスーパーで販売中。10月には新商品としてタピオカミルクティーのお酒も発売予定だ。

帯屋町アーケード沿いの「cafe chouchou(カフェ シュシュ)」では、タピオカホットケーキが登場。厚さ約2cmのふわふわホットケーキにクリームをかけ、最後にもちもちのタピオカをトッピング。食感が楽しい新感覚スイーツだ。
タピオカクリームホットケーキ ダブル(手前)と、タピオカティークリームシングル(奥)
タピオカクリームホットケーキ ダブル(手前)と、タピオカティークリームシングル(奥)

都会で流行っている「食べるタピオカ」を高知にも、と店長が独自にレシピを開発。先月下旬から販売している。タピオカクリームホットケーキは980円(税抜)。1枚につきプラス200円で、3枚までホットケーキの増量が可能。甘すぎない生地とクリームが、男性客にも好評だという。(木田名奈子)
10代の学生がよく訪れるというcafe chou chou。スイーツ男子にも人気。
10代の学生がよく訪れるというcafe chou chou。スイーツ男子にも人気。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会Web限定新店オープンWeb限定


ページトップへ