2019.07.31 11:34

中田耕一展 和紙と墨の世界

 香美市立美術館の主催。1956年生まれの中田耕一は、20歳の頃に上京し油絵を学びました。帰郷後、土佐和紙と土佐硯に出会い、土佐和紙を使った大画面の墨絵を描くというスタイルを確立します。

 見る人を圧倒する高さ2メートル、幅6メートル以上にも及ぶ大画面の墨絵を描いたシリーズや、身近な人々の働く姿などひとの暮らしや営みに根ざしたものをテーマに、独自の墨絵の世界を作り上げている中田耕一の世界を多くの方に楽しんで頂きたいと思い、企画しました。
開催日 9月7日~10月14日
場所 香美市立美術館
時間 9時~17時(入館は16時半まで)
入場料・参加料 一般=310円、長寿手帳提示=150円
障害者手帳提示=無料、高校生以下=無料
カテゴリー: 見に行く


ページトップへ