2019.07.28 08:35

馬路で全国温泉卓球大会 スリッパ、風呂おけ...変わり種ラケットで熱戦

慣れないラケットを手に熱戦を繰り広げた参加者(写真はいずれも馬路村の馬路温泉)
慣れないラケットを手に熱戦を繰り広げた参加者(写真はいずれも馬路村の馬路温泉)
全国から集まった変わり種のラケット
全国から集まった変わり種のラケット
 スリッパや風呂おけ、鍋ぶたなどをラケット代わりに使う「ご当地温泉卓球全国大会」が27日、安芸郡馬路村の馬路温泉で開かれ、県内外の30組60人が熱戦を繰り広げた。
 
 2013年に黒川温泉(熊本)など四つの温泉が設立した「ご当地温泉卓球振興協議会」の主催。05年から間伐材うちわを使った大会「湯けむりピンポン」を開催する馬路温泉も14年から同協議会に加盟しており、今回初めて村で全国大会が開かれた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ