■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2019.07.28 08:38

夜のイカ釣り親子でいかが?大月町で体験観光始まる 9月末まで

大月町で始まった観光イカ釣り(同町沖)
大月町で始まった観光イカ釣り(同町沖)
 幡多郡大月町で、夜のイカ釣り体験観光が始まった。町観光協会による夏の恒例企画で、釣ったばかりの新鮮なケンサキイカを船上で味わえる。
 
 竜ケ迫、泊浦、一切、周防形、柏島のいずれかの漁港発着。各漁港から10分程度の海上で、さおを使わない手釣りに挑戦する。
 
 24日は町内外から6人が参加し、午後7時ごろに一切漁港を出発。水平線に沈む夕日を眺めながら、疑似餌の付いた仕掛けを水深40~50メートルからたぐって当たりを待った。この日の釣果はいまひとつで、約2時間で30~45センチほどのイカが2匹だった。
 
 釣りたてのイカは船頭がその場でさばいて味わい、「プリップリ! おいしい」。中国からの移住を検討して町内に滞在している武鵬(ぶほう)さん(38)は、長女の夢涵(もんはん)ちゃん(5)とイカを狙ったが釣果ゼロ。「残念だけど、初めての体験で楽しかった。また挑戦したい」と話していた。
 
 営業は9月末まで。3人までの基本料金は1万3千円、4人目以降は1人3千円(小学生2千円)。申し込みは前日正午までに町観光協会(0880・62・8133)へ。(新妻亮太)

ページトップへ