2019.07.27 08:44

新警察庁舎は木造 香美市 県産材と土佐しっくい使用

完成した南国署香美庁舎(香美市土佐山田町栄町)
完成した南国署香美庁舎(香美市土佐山田町栄町)
 南国署の香美警察庁舎が新築され26日、香美市土佐山田町栄町の現地で開庁式が行われた。
 
 旧庁舎は1967年建設で老朽化が進み、耐震基準も満たしていないため、昨年3月から南隣に総工費約4億6千万円で建て替えていた。
 
 新庁舎は木造2階建て(854平方メートル)。県産杉とヒノキ、土佐しっくいを使用し、窓を多く設置して温かみのある空間を目指したという。今年2月に完成後、旧庁舎を取り壊して駐車場を整備していた。
 
 式典には法光院晶一市長や筒井浩司署長ら24人が出席。出原芳郎庁舎長は「新庁舎が香美市住民の安全と安心のよりどころとなれるよう、一層力強く、優しい警察活動を推進していく」と決意表明した。(板垣篤志)

カテゴリー: 社会香長


ページトップへ