2019.07.25 08:39

高知近海カツオ一本釣り船、水揚げ半減 ビンナガ不漁が”直撃”

一本釣り船の甲板を埋めるビンナガマグロ。今年は群れが少ない (2012年6月、中田勝淑さん提供)
一本釣り船の甲板を埋めるビンナガマグロ。今年は群れが少ない (2012年6月、中田勝淑さん提供)
船主「赤字避けられぬ」
 高知県の近海カツオ一本釣り船の水揚げ高が今年、極度に落ち込んでいる。高知かつお漁協(高知市)に所属する全船が、24日時点で前年同期を下回り、1億円以上の減収となっている船もある。例年5~7月に釣れるビンナガマグロが不漁のためで、船主は「今年は赤字を覚悟しないといけない」と危機感を募らせている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会カツオ県民会議社会


ページトップへ