2019.07.24 14:37

高知県警が警官5人処分 拳銃管理1人、不倫で4人

 高知県警が拳銃などの不適切管理と不倫で警察官5人を本部長注意処分などにしていたことが24日分かった。
 
 監察課によると、警察署の地域課勤務の40代の男性巡査部長は5月、当直勤務が終わった朝に拳銃や手錠を専用の格納庫に戻さず、課内のカギのない個人用キャビネットに保管していた。翌朝の点検で発覚したという。処分は本部長注意。
 
 また、県警本部や警察署に勤務する既婚の20~30代の男性巡査長3人は、2017年12月~19年6月の間、同じ20代の女性巡査1人とそれぞれ不倫関係にあった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ