2019.07.23 08:29

幡多農業高校が4年ぶり馬術のインターハイへ

全国大会に挑む幡多農業高校馬術部の選手たち(四万十市の同校)
全国大会に挑む幡多農業高校馬術部の選手たち(四万十市の同校)
24日開幕「積み上げた力出すだけ」
 幡多農業高校(四万十市古津賀)の馬術部の3人が、「全日本高等学校馬術競技大会」の団体戦に4年ぶり出場を決めた。選手は「悔いが残らないように、思い切った走行をしたい」と意気込んでいる。

 「馬術競技のインターハイ」ともいわれる大会に挑むのは主将の横山遊さん(3年)と和泉早紀さん(同)、中島瑠梨さん(2年)。決められた順番通りに障害物を飛び越える「障害飛越」に出場する。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ幡多

ページトップへ