2019.07.23 08:38

三原村の星ケ丘公園にも青いハチ 住民ら「運試しに来て」


 高知県幡多郡三原村宮ノ川の星ケ丘公園で、青いハチ「ブルー・ビー」が飛び交っている=写真。地元住民は「初めて見た。運試しに探しに来て」と呼び掛けている。
 
 ブルー・ビーはミツバチ科のナミルリモンハナバチ。青い鳥にちなみ「幸せを呼ぶ」とも言われ、県内では安芸郡北川村の「モネの庭マルモッタン」でも見られる。
 
 17日、夫婦で訪れた西内きみさん(67)=四万十市古津賀2丁目=が、オミナエシの花の間を飛ぶ2匹を見つけて撮影。「写真でしか見たことがなかったのでびっくり。うれしい」と感激していた。
 
 公園を10年以上管理している四万十かいどう推進協議会三原支部の矢野啓介支部長(80)も「毎日公園の手入れをしゆうけんど、見たことない。見つけたら幸運やね」と話していた。(新妻亮太)

カテゴリー: 環境・科学幡多

ページトップへ