2019.07.22 08:31

高知、徳島とも投票率低迷 高知46.34%、徳島38.59%

 2度目の合区で行われた参院選徳島・高知選挙区で、高知県内の投票率は46・34%となり、過去最低だった前回を0・82ポイント上回ったものの、50%割れの低迷が続いた。主な候補が高知からの出馬だったことなどから、盛り上がりを欠いた徳島県は38・59%(前回比8・39ポイント減)に沈み、全国最低となった。
 
 初の合区選挙だった前回2016年は、候補がいずれも徳島出身だったこともあり、高知県内の投票率は過去最低、全国最低の45・52%だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ