2019.07.22 08:45

参院選高知・徳島は高野光二郎氏 高知県投票率微増46.34%

合区の戦いを制し、万歳で喜ぶ高野光二郎氏(21日午後8時15分ごろ、高知市はりまや町1丁目)
 2016年の前回に続き、隣接する県を統合した「合区」で改選1議席を争った参院選徳島・高知選挙区は即日開票の結果、現高知選挙区選出の自民党現職、高野光二郎氏(44)=公明党推薦=が25万3千票余りを獲得し、野党統一候補の無所属新人、松本顕治氏(35)に約5万2千票の差をつけて再選を果たした。
 
 3年前と同様、事実上の与野党一騎打ちの構図。高野、松本両氏とも高知県からの出馬とあって、高知の投票率は合区が導入された前回を0・82ポイント上回る46・34%となる一方、徳島では40%を割り込み、補欠選挙を除いて過去最低で、全国最低の38・59%に沈んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ