2019.07.21 08:37

水難警告放送の配線切断 土佐清水市大岐の浜 銅線窃盗か

切られたカバー。中にあった配線が無くなっている(土佐清水市の大岐の浜)
切られたカバー。中にあった配線が無くなっている(土佐清水市の大岐の浜)
 延長1キロの大半
 土佐清水市の大岐の浜にある、水難防止を呼び掛けるスピーカーをつなぐ配線(銅線、総延長約1キロ)が切断され、大部分が盗まれたとみられることが20日までに分かった。関係者は「命に関わること。許せない」と憤慨。市は中村署に被害届を出す方針だ。

 大岐の浜は、サーフィンの人気スポット。過去には巻き出し現象(離岸流)による水難事故が相次いだことから、市から委託を受けた「大岐浜水難事故防止対策協議会」が毎夏、海岸沿い約1キロ区間に設置した7基のスピーカーを使い、注意喚起している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要幡多


ページトップへ