2019.07.20 14:40

【2019年参院選 令選熱戦】若者と選挙 近づけるには...やはり正攻法? 家庭、学校、社会で話題に

漫才コンビによる出張授業。「投票に行く」という生徒も(17日、高知市の高知高)
漫才コンビによる出張授業。「投票に行く」という生徒も(17日、高知市の高知高)

 「18歳選挙権」が導入された3年前の参院選で、高知県の18、19歳の投票率は30・93%と全国最低だった。どうすれば若者と選挙を近づけられるのか。再び巡ってきた参院選の投票日を前に考えた。
 
芸人起用や動画で挑発も
 参院選終盤の17日。高知市の高知高校で、出張授業に訪れた漫才コンビ「エルシャラカーニ」が呼び掛けた。
 
 「選挙に行かないと皆さんは損をします。投票して『若い人向けの政策を用意しないといけない』と政治家に思わせましょう!」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ