2019.07.19 08:34

ゲーム障害「回復できる」 専門外来設置の三光病院(高松市)海野院長に聞く

WHOが依存症に認定 まず家族関係修復を 四国から治療モデル模索「依存症は回復できる」と話す海野順さん(写真はいずれも高松市の三光病院)
「依存症は回復できる」と話す海野順さん(写真はいずれも高松市の三光病院)
診察室の机には患者にもらったゲームやアニメのキャラが並ぶ
診察室の机には患者にもらったゲームやアニメのキャラが並ぶ

 世界保健機関(WHO)は5月、本年度総会で「ゲーム障害」を新たな依存症に正式認定した。全国でも珍しいネット依存・ゲーム障害の専門外来を2年前から設けている高松市の三光病院院長、海野順(しゅん)さん(38)に、ゲーム障害の特徴、基本的な治療法を聞いた。「治療はまず家族関係の修復から始める」という。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース主要


ページトップへ