2019.07.18 16:35

【2019夏】高知の花火大会&イベント情報

 お待ちかねの夏休みは、すぐそこ!高知県内各地のおすすめ花火大会やイベント情報を紹介します。

◆金太郎夜市 7月19(金)、26日(金)、8月2日(金)
午後6~9時。四万十町本町商店街。50回目を迎える夜市で、19日はお化け屋敷と流しそうめん、26日は小中学生が出店する「子供夜市」、8月2日は箸拳大会と餅投げ。

◆やいとがわ納涼祭 7月21日(日)
※20日に予定されていましたが、天候の回復が見込めないため、21日に延期。
(宿毛市平田町戸内のケアハウスすくも駐車場、午後7時45分、4000発)

◆フェスティバル魚梁瀬 開催日未定
※20日に予定されていましたが、大雨が予想されるため延期。
午後5時半から馬路村の魚梁瀬丸山公園で地元団体による舞台演芸や餅投げ、抽選会。アフガンダンスも。8時からの打ち上げ花火は、間近で見られ迫力満点。


◆土佐赤岡絵金祭り 7月20(土)、21日(日)
午後6時から香南市赤岡町の本町、横町商店街。幕末の絵師、金蔵が残した芝居絵屏風(びょうぶ)が民家の軒先に飾られる。絵金歌舞伎のほか、赤れんが商家でドキュメンタリー映画「絵金の息吹」の短編デモバージョンの上映もある。


◆芸西村納涼祭 7月27日(土)
芸西村和食甲の琴ケ浜松原野外劇場で午後6時から吹奏楽演奏やよさこい鳴子踊りなど各種ステージを行い、屋台も出店。8時35分から花火約500発。


◆米奥沈下橋祭り 7月27日(土)
午後5時から。四万十町米奥。国有形文化財で現存する四万十川最古の沈下橋「一斗俵沈下橋」(長さ約60メートル)と、下流の清水大橋(同約100メートル)をたいまつでライトアップする。子ども相撲大会、餅投げもある。


◆しまんと市民祭 7月27日(土)開幕
四万十市役所付近を午後4時から「なかむら踊り」、7時から提灯(ちょうちん)台が練り歩く。8月3日午前10時からは一條神社で「全日本女郎ぐも相撲大会」。31日午後4時から納涼花火大会会場で浴衣コンテスト。

▼によどかあにばる納涼花火大会 7月27日(土)(越知町宮の前公園、午後8時半、1200発)

◆みなこい港まつり 7月28日(日)
午後1~10時。香南市吉川町の吉川漁港、天然色劇場など。よさこい演舞、太鼓や獅子舞のステージのほか、うまいもの市もある。9時からは、約4000発が打ち上がる花火大会もある。


◆神JAZZ 7月31日(水)
午後6~8時。四万十町大正の熊野神社。プロ奏者や大正中・四万十高生の「FAIRY PITTA JAZZ ORCHESTRA」などが出演。

▼やまびこカーニバル 8月3日(土)(土佐町早明浦ダム直下ふれあい広場、午後9時、1000発)


▼須崎まつり・海上花火大会 8月3日(土)(須崎市南古市町周辺の富士ケ浜、午後8時、2尺玉2発含む約2000発)

◆土佐のまほろば祭り 8月3日(土)
午後3時から南国市の吾岡山文化の森。市内の中学校音楽部、高校軽音部のステージやグルメ出店、南国市出身の島井咲緒里棋士の将棋道場など。市政60周年を記念したテーマソングのお披露目、スーパーバンドのライブもある。9時ごろから花火2000発。


◆土佐山夏祭り 8月3日(土)
午後6時半~9時半。高知市の土佐山運動広場。先着800人に手作りのキーホルダーをプレゼント。野菜などが当たる抽選会を行い、土佐山音頭を踊る。8時、9時からは打ち上げ花火も。


◆市民祭あしずりまつり 8月3日(土)
土佐清水市の中央町商店街など。午後2時に開幕し、きらら清水保育園児による太鼓演奏などのパフォーマンス。3~5時ごろまであしずり踊り。4時に屋台村や物産店がスタート。花火は8時から約1万発。

◆安芸納涼市民祭 8月3日(土)4日(日)
安芸市中心部。3日は午後5時から、市内7カ所でよさこい鳴子踊り。4日は午後4時から、安芸市寿町の健康ふれあいセンター前で餅投げや鳴子踊り。8時10分から花火約3800発。


◆長者・七夕まつり 8月4日(日)
仁淀川町長者地区の棚田に張った長さ約230メートルのワイヤに、七夕飾りや提灯を取り付け、午後5時半ごろに点灯する予定(17日まで)。よさこい鳴子踊り、和太鼓や吹奏楽のコンサートなどのイベントは3時から。3日は、ライトアップのみの前夜祭も行われる。

▼いの町民祭仁淀川まつり 8月4日(日)(仁淀川羽根公園周辺、午後8時、約1400発)

▼納涼薬師まつり 8月6日(火)(大豊町の旧大豊中グラウンド、午後9時すぎ、500発)

▼高知市納涼花火大会 8月9日(金)(鏡川河畔「みどりの広場」、午後7時半、約4000発)


▼本山町民祭花火大会 8月10日(土)(旧本山橋、午後9時10分、1000発)

▼宇佐港まつり 8月10日(土)(土佐市宇佐町のしおかぜ公園周辺、午後8時、約2700発)

▼窪川まつり花火大会 8月10日(土)(四万十町の窪川高校、午後8時、1000発、本町で同6時からチャリティービアガーデン)


▼志和花火大会 8月13日(火)(四万十町の旧志和小学校グラウンド、午後8時半、300発)

▼沖の島花火大会母島地区 8月13日(火)(宿毛市沖の島町母島の母島港、午後8時半ごろ、約300発)

▼下津井地区納涼祭 8月14日(水)(四万十町の下津井橋下の河原、午後8時半、300発)

▼沖の島花火大会弘瀬地区 8月14日(水)(宿毛市沖の島町弘瀬の弘瀬港、午後8時半ごろ、約300発)

◆奥物部湖湖水祭 8月14日(水)
午後6時から香美市物部町の物部グラウンドなど。永瀬ダム建設で犠牲になった人々の慰霊と五穀豊穣(ほうじょう)を願う祭り。5000個の灯籠流しと600発の花火も。

◆中津川納涼祭 8月14日(水)
午後6時~8時半。四万十町大正中津川の旧中津川小学校グラウンド。盆踊りや屋台など。

◆四万十川まつり 8月14日(水)
午後4時半~8時半。四万十町十和地区こいのぼり公園。1000発の花火や灯籠流しなど。

◆みんなの夏まつり 8月15日(木)
午後5時から田野町ふれあいセンター前広場。よさこい鳴子踊りや餅投げ、太鼓演奏、抽選会など。祭りに出店する地区、町内企業も募集。


◆手結盆踊り 8月15日(木)
午後7~9時。香南市夜須町のヤ・シィパーク。県保護無形民俗文化財に指定されている手結盆踊りのほか、灯籠流し、8時40分からは水中花火もある。


◆津野町夏まつり 8月15日(木)
午後6時から津野町永野の葉山運動公園。出店や太鼓演奏などがあり、8時半からは約2000発の花火。


◆高原まつり 8月15日(木)
梼原町役場駐車場周辺で午後4時45分から。よさこい演舞や、岡本真夜さんのコンサート。9時からは花火約1500発。14日午後6時からも前夜祭で音楽演奏がある。

◆シーサイドギャラリー 8月15日(木)
黒潮町の入野海岸。午前9時から小学生以上対象のキス釣り大会。午後6時から砂浜ヨガ体験、6時半からフラダンスショー、7時から盆踊り大会。8時から花火(1500発予定)。

▼興津ふるさと子どもまつり 8月15日(木)(四万十町の興津小学校、午後8時半、1000発)

▼みはら祭り 8月15日(木)(三原村宮ノ川の三原中学校グラウンド、午後8時半、2000発)

▼奈半利町港まつり 8月16日(金)(奈半利港、午後8時、4000発)

▼大月まつり  8月17日(土)(大月町弘見の大月町総合グラウンド、午後8時半、4000発)


◆大綱まつり 8月17日(土)
午後3時から土佐市高岡町の県道。江戸時代に野中兼山が、水路建設工事の士気を上げるために始めたとされる。メインの大綱引きは8時からで長さ約80メートル、重さ約1トンの大綱を二手に分かれて引き合う。


◆四万十大正あゆまつり 8月18日(日)
正午~午後8時半。四万十町大正地域の大正新橋下の河原。750発の花火や火振り漁実演、アユ、ウナギ、アメゴのつかみ取りなど。


◆蛍湖まつり 8月25日(日)
宿毛市平田町黒川の中筋川ダム。午前10時~午後8時。ダム内部の見学会のほか、幡多地域の中高生らによる音楽会も開かれる。

▼しまんと市民祭納涼花火大会 8月31日(土)(四万十市の赤鉄橋近くの河川敷、午後8時、約1万2000発)


おすすめ♪おでかけスポット

■室戸ドルフィンセンター(室戸市)
室戸岬新港内のイルカ飼育施設。4頭がプールやいけすを泳ぐ。見学のほか、イルカに直接触れる「ドルフィンタッチ」、イルカと一緒に泳ぐ「ドルフィンスイム」、トレーナー体験など多彩なプログラムを用意。見学、体験ともに有料で、一部の体験は要予約。<公式サイト>


■龍河洞(香美市)
日本三大鍾乳洞の一つ。7月から最新の音響や照明で生まれ変わり、国内初となる洞内のプロジェクションマッピングが神秘的に彩る。20日~8月4日の土日曜と10~18日は夜間営業(午後6時~9時半)を行い、暗闇の洞内をライト片手に進める。24日の龍河洞祭りでは、花火や屋台が楽しめる。<公式サイト>

■土佐れいほく博(大豊町、本山町、土佐町、大川村)
吉野川や高峰に抱かれた大豊町、本山町、土佐町、大川村からなる嶺北地域で、7月から「土佐れいほく博」が開かれている。地域の生活文化、食、自然体験を堪能できる、大小のイベントが盛りだくさん。メイン会場は6月に開業したばかりの「モンベルアウトドアヴィレッジ本山」。宿泊施設やレストラン、入浴施設を備え、ラフティングやカヤックのほか、登山やシャワークライミングが楽しめる。<公式サイト>

■ヤ・シィパーク(香南市)
シャワールーム、ロッカーを完備した、人気の海水浴場。浮輪やパラソルの貸し出しもある。予約すれば、ビーチバレーやバーベキューもできる。予約制でBBQも。<公式サイト>


■川遊び公園 ふるさと交流センター(四万十町)
四万十川中流域の四万十町昭和地区。芝生のキャンプサイトがあり、カヌーやラフティング、レンタサイクルがあり、川下りやサイクリングが楽しめる。ラフティング(定員5人)は予約制で、1艇1万800円(税込み)。キャンプは1泊大人650円、小中生270円。貸しテントも。<公式サイト>

■スノーピーク土佐清水キャンプフィールド(土佐清水市)
全国有数の造礁サンゴ群生地、竜串湾のそばに今春オープンしたキャンプ場。約3万3千平方メートルの広々とした敷地に、約40張りのテントが設営できる「フリーオートサイト」(予約制)があり、建築家の隈研吾さんが設計したコンテナ型宿泊棟「住箱(じゅうばこ)」も12棟設置。炊事棟やシャワー室も完備している。カツオのわら焼きや、たき火用のまき割り体験ができる。<公式サイト>



カテゴリー: 社会行楽ガイド主要観光


ページトップへ