2019.07.18 08:32

【2019年参院選 令選熱戦】高知県の中小企業 働き方改革腐心

高知銀行主催のセミナーで企業の相談に乗る「県働き方改革推進支援センター」のコーディネーター(高知市内)
高知銀行主催のセミナーで企業の相談に乗る「県働き方改革推進支援センター」のコーディネーター(高知市内)
柔軟対応求める声も
 時間外労働の上限規制などを盛り込んだ働き方改革関連法が今春、施行された。この対応へ高知県内企業の実践例も積み上がっているが、資本力や人繰りが厳しい中小企業はどう実現させるかに腐心。「もう少し柔軟に」と求める声もある。
 
 クレーンメーカーの上田電機(高知市瀬戸2丁目)は3月、社員全員から働き方改革の要望を聞き取り、約80の取り組みをリストアップした。実現した一つが、休みの申請などをスマートフォン上で行うチャットシステムの導入。上田義隆社長は「紙で申請していた従来に比べ、みんな気軽に休みを言うようになった。全社員が見るので仕事の融通も利きやすい」と話す。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ