2019.07.18 08:34

【2019参院選 高知・徳島】年金「信頼できぬ」61% 県民世論調査

報告書拒否64%問題視 参院選の争点になっている公的年金制度について「信頼できない」とする高知県内有権者が61・3%に上ることが、高知新聞社などが14~16日に実施した電話世論調査で分かった。麻生太郎金融担当相が「老後に2千万円の蓄えが必要」とした金融庁報告書の受け取りを拒否したことは64・7%が「問題だ」と回答。年金制度や政府の対応に対する不信感が浮き彫りになった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ