2019.07.15 08:38

日高村に今秋交流拠点 宿泊施設なしを解消 看板メニューも開発中

交流拠点で提供するトマトを使ったメニューの試食会(日高村の日高わのわ会事務所)
交流拠点で提供するトマトを使ったメニューの試食会(日高村の日高わのわ会事務所)
 高岡郡日高村が、今秋のオープンを目指して同村下分に交流拠点施設の整備を進めている。宿泊や食事もできる施設にする予定で、指定管理者として運営を担うNPO法人「日高わのわ会」(同村沖名)はこのほど、施設の看板メニューにするトマト料理の試食会を行った。
 
 村は飲食スタンプラリー企画「オムライス街道」や物販施設「村の駅ひだか」などの人気で、近年立ち寄る観光客が増加。しかし、村内には宿泊施設がなかったため、村は国の交付金も活用して交流拠点施設を新築することにした。
 
 総工費4350万円で、木造2階建ての延べ床面積約120平方メートル。今年3月に着工して現在建設中で、8月末完成、11月ごろのオープンを目指している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会新店オープン高知中央Web限定

ページトップへ