2019.07.14 08:35

ヤイロチョウ、今年も繁殖 トラスト協が幼鳥撮影 四万十町

生態系トラスト協会の保護区で撮影されたヤイロチョウの幼鳥(7日午前9時すぎ、四万十町下道=中西和夫さん撮影)
生態系トラスト協会の保護区で撮影されたヤイロチョウの幼鳥(7日午前9時すぎ、四万十町下道=中西和夫さん撮影)

 「生態系トラスト協会」(高岡郡四万十町)の会員がこのほど、巣立ち後のヤイロチョウの幼鳥の撮影に成功した。同町内の保護区で繁殖が確認されたのは4年連続で、関係者は「保護活動が実を結んでいる」と話している。
 
 ヤイロチョウは緑、赤、コバルトブルーなどカラフルな色が特徴。春から夏にかけ、東南アジアから渡来し、繁殖している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高幡


ページトップへ