2019.07.14 08:38

【2019参院選 高知・徳島】社民「政党」維持へ正念場 得票2%必要 県内党員も危機感

選挙カーの前で支持を訴える社民党高知県連合の幹部(12日午後、高知市横浜新町4丁目)
選挙カーの前で支持を訴える社民党高知県連合の幹部(12日午後、高知市横浜新町4丁目)
 老舗の護憲政党、社民党が正念場を迎えている。今回の参院選で得票率などの条件を満たさなければ、公選法上の政党要件を失う。前身の旧社会党結党から73年。県内の党員たちは、徳島・高知選挙区で共闘する他党との差別化に腐心しながら、存亡を懸けた戦いに臨んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ