2019.07.13 08:33

【2019年参院選 令選熱戦】県内在宅医療が進む施策を

伊藤巌さん=左=に優しく聴診器を当てる平山司樹さん(香南市内)
伊藤巌さん=左=に優しく聴診器を当てる平山司樹さん(香南市内)
介護人材の不足深刻 県内在宅医療進む施策を
 団塊の世代が全員75歳以上になる2025年に向け、政府は在宅医療を推進している。病床ではなく、家や介護施設で療養することで生活の質が高まると期待され、訪問看護師の数も増えている。しかし高知県では少子高齢化が進み、介護人材の不足という深刻な問題が立ちはだかる。「高齢になっても住み慣れた家で暮らしたい」と願う声に政治はどう応えるか。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース香長


ページトップへ