2019.07.12 08:35

わくわく赤岡「おっこう屋」 香南市の人気雑貨店

棚の上にも下にも商品が所狭しと並ぶ(写真はいずれも香南市赤岡町)
棚の上にも下にも商品が所狭しと並ぶ(写真はいずれも香南市赤岡町)
目立つ外観ながら商店街の景色に溶け込んでいる「おっこう屋」
目立つ外観ながら商店街の景色に溶け込んでいる「おっこう屋」
何に使うものでしょう? 正解は「筆立て」でした
何に使うものでしょう? 正解は「筆立て」でした
「赤岡のおっさんがつくったすすきのほうき」。売上金はおっさんのビール代になる
「赤岡のおっさんがつくったすすきのほうき」。売上金はおっさんのビール代になる
つるしたネックレスは豆電球と並ぶ高さで
つるしたネックレスは豆電球と並ぶ高さで
国道55号沿いにある店の看板
国道55号沿いにある店の看板
懐かしさと面白さ混在
 あふれんばかりの品物が、ぎりぎりで崩れない絶妙なバランスを保ちながら店の至る所に詰め込まれている。ごちゃごちゃしているのに、どこか調和が取れていて、不思議と風通しのいい場所。香南市赤岡町の「おっこう屋」はそんな雑貨店だ。足しげく通うご近所さんや町外のお客さんが多い店をのぞいてみた。

 窓から差し込む光と豆電球にいくつもの小物が照らされ、それらが作る影で、店内は立体的に浮かび上がる。フラフや帆布(はんぷ)で作られたかばん、皿鉢料理が盛られたであろう大皿、アンティークのアクセサリーや着物、色とりどりのグラス、そのほか何だかよく分からないもの…。一つ一つに値札が付けられ、たんすの中に、棚の上に、所狭しと並んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要香長


ページトップへ