2019.07.12 08:38

中土佐町 五輪でトリニダード・トバゴと交流計画 ホストタウンに登録

 高岡郡中土佐町がこのほど、陸上競技の強豪国としても知られるカリブ海の島国、トリニダード・トバゴの「ホストタウン」に登録された。2020年東京五輪の前後に関係者を町に招き、音楽や食といった切り口で文化交流を図る。

 同町大野見地域では昨年9月に住民が音楽イベントを開き、同国生まれの打楽器スチールパンの演奏や、同国のポピュラー音楽「ソカ」で盛り上がった。

 このイベントに携わっていたのが、父親が旧大野見村出身という音楽プロデューサーのHEMO(ヘモ)さん=東京都。仕事の関係で20年来、同国に行き来している。

 今年2月に同国を訪れた際、現地の日本大使館で同国のホストタウンが未定と聞き、「何か力添えしたい」と大野見でのイベントを紹介。これがきっかけとなって話が進み、6月28日付で中土佐町と県がホストタウンに登録された。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高幡


ページトップへ