2019.07.09 08:34

「黒潮マンガ大賞」最後の審査 ウェブ漫画家のカメントツさん「可能性ある作品多い」

作品を前に話し合うカメントツさん=右から2人目=ら4人の審査員(8日午後、高知新聞社=反田浩昭撮影)
作品を前に話し合うカメントツさん=右から2人目=ら4人の審査員(8日午後、高知新聞社=反田浩昭撮影)
 今年で最後となる全国公募賞「第31回黒潮マンガ大賞」の審査が8日、高知市本町3丁目の高知新聞社で行われた。37都道府県から139点が寄せられ、ウェブ漫画家のカメントツさん=東京都=ら4人が個性豊かな作品を吟味した。
 
 黒潮マンガ大賞は1989(平成元)年にスタート。プロも多数輩出したが、昨今の漫画文化の盛り上がりなどを踏まえ、今年で賞を終了することを決めている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る



ページトップへ