2019.07.05 08:36

宿毛フェリー船体売却 長崎の企業に 片島から姿消す

売却され3日に出港した宿毛フェリーの「ニューあしずり」(4月30日、宿毛市片島)
売却され3日に出港した宿毛フェリーの「ニューあしずり」(4月30日、宿毛市片島)
 昨年10月から運航を休止している宿毛フェリー(宿毛市片島)が所有するフェリー「ニューあしずり」(999トン)が、長崎県壱岐市の不動産デベロッパーに売却されていたことが分かった。船体は3日朝、大分県佐伯市に移動し、8カ月にわたって宿毛市片島に係留されていた船体は姿を消した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会主要幡多


ページトップへ