2019.07.04 08:35

【動画】はっぴぃ魚ッチ「来たーっ」船長絶叫 土佐湾の泳がせ釣り(下)



27キロのオオスジハタ。魚というより、どう猛な大型犬のような存在感
27キロのオオスジハタ。魚というより、どう猛な大型犬のような存在感
 泳がせ釣りに挑戦した「魚信」班の4人。本欄に載せるぐらいの巨大魚を、という当初の熱い思いは揺らぎ、むなしく船に揺られていた。

 2度の当たりも合わせられず、不注意で竿(さお)は折るし、根掛かりで仕掛けは次々失うし。あと1時間ほどで納竿(のうかん)という、たるんだ昼すぎだった。

 「ウ…、ウ…、ウィーン」。電動リールをそろそろと駆動させる音が鳴る。筆者が隣を見ると、O先輩が真っ青な顔で船に固定された竿を握っている。ぐんっ、ぐんっ、と先端の折れた竿がリズミカルに沈んでるではないか。

 「来たーっ」。なぜかO先輩ではなく、船長が絶叫して駆け寄る。さっきまで「飽きた」「もう帰る」とふてくされていたO先輩は、表情も体も固まったままだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 高知の釣り主要スポーツ


ページトップへ