2019.07.01 08:35

越知町で「スノーピークかわの駅おち」開業セレモニー

夏に向け越知町観光の盛り上がりを祝った開業セレモニー(越知町の「スノーピークかわの駅おち」)
夏に向け越知町観光の盛り上がりを祝った開業セレモニー(越知町の「スノーピークかわの駅おち」)
 高知県高岡郡越知町宮の前地区の新たな観光拠点施設「スノーピークかわの駅おち」で30日、同施設の開業記念セレモニーが行われた。仁淀川流域市町村や観光関係者ら約120人が集まり、流域観光の発展に期待を込めた。

 「かわの駅」は越知町が総事業費約6億6千万円で整備。昨春日ノ瀬地区にできた「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」とともにスノーピーク(本社・新潟県)が運営し、町の自然体験観光の拠点として盛り上げ役を担う。

 6月8日に先駆けてオープンしていた物販スペースに続き、30日からはコンテナ型宿泊棟「住箱」やカヌー体験の予約受け付けも始まった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会新店オープン高吾北Web限定


ページトップへ