2019.06.28 08:35

高知県安田町の古文書に「天晴」 龍馬の義兄が私年号記す

私年号「天晴」(丸で囲った部分)がしたためられた高松順蔵の古文書=安田町の安田まちなみ交流館「和」
私年号「天晴」(丸で囲った部分)がしたためられた高松順蔵の古文書=安田町の安田まちなみ交流館「和」
市井で広く使用か
 幕末の土佐で使われた私年号「天晴(てんせい)」の文字が書かれた古文書が27日までに、高知県安芸郡安田町で見つかった。坂本龍馬の義兄で安田町の儒学者、高松順蔵(1807~76年)が編んだ歌集にあった。中芸地域の古文書で確認されたのは初めてで、私年号が市井で広く使われていた可能性を示している。

 高松順蔵に焦点を当てた7月の企画展(安田町教委など主催)に展示され、新史料として注目を集めそうだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能坂本龍馬安芸文化


ページトップへ